キャべジン

栄養管理
栄養管理.comビタミン>キャべジン

キャべジンとは

キャべジンは、キャベツに含まれる有効成分で、ビタミンUとも言います。ビタミン様物質の一つ。まだまだ不明な点が多い栄養素の一つです。胃酸の分泌を抑える効果があります。

スポンサーリンク

キャべジンの働き・効果

キャべジンは、主に胃の働きを正常化する上で、「胃酸の分泌を抑える」「胃の粘膜の新陳代謝を活性化する」という効果があるとされています。また、胃腸の粘膜修復に役立つ新しいたんぱく質の合成を助けるという機能もあります。
さらに、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などを治癒能力を高めるという効果もあるとされます。

キャべジンはその名前の通り、キャベツに多く含まれている成分です。肉から摂取される脂肪の酸化を防ぐ効果もありますので、付け合せのキャベツはしっかりと食べるようにしましょう。

また、キャべジンという名前で、ビタミンUを配合した商品もあります。(商品名:キャべジンコーワS(医薬品))

 

キャべジンのサプリメント・食品情報

ここでは、キャべジンに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

キャべジンに関する人気商品(楽天)

 

 

スポンサーリンク
ビタミン

他の栄養素の働きを助ける効果が強いビタミンの種類や効果を解説。

-水溶性ビタミン-
ビタミンB群
  |-ビタミンB1
  |-ビタミンB2
  |-ナイアシン
  |-パントテン酸
  |-ビタミンB6
  |-ビオチン
  |-葉酸 (パラアミノ安息香酸)
  |-ビタミンB12
ビタミンC

-脂溶性ビタミン-
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

-ビタミン様物質-
ビタミンP
  |-ルチン
ビタミンQ(コエンザイムQ10)
ビタミンU(キャべジン)
イノシトール
コリン
リポ酸

-ビタミン関連情報-
ビタミン欠乏症

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください