ナイアシン

栄養管理
栄養管理.comビタミン水溶性ビタミンビタミンB群>ナイアシン

ナイアシンとは

ナイアシンは、ニコチン酸とも呼ばれるビタミンの一種(タバコのニコチンとは関係ありません)ビタミンB群の仲間で水溶性ビタミン。脳神経や糖質・脂質の代謝などに働きかけます。

スポンサーリンク

ナイアシンの働き・効果

ナイアシンは、糖質・脂質・たんぱく質の分解に欠かす事のできないビタミンであると同時に、皮膚や神経を健康に保つはたらきがあります。ナイアシンは、血行をよくすることから頭痛や冷え性を改善する作用があり、大量にナイアシンを投与することによりコレステロールや中性脂肪を下げる薬理効果が明らかになっています。
また、ナイアシンにはアルコールによる酔いや二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」を分解する効果があり、二日酔いの予防にもつながります。ただし、アセトアルデヒドを分解する過程でナイアシンを消費しますので、お酒をよく呑む方はナイアシン欠乏症に気をつけてください。

ナイアシン不足の症状

ナイアシン欠乏症における代表は「ペラグラ」という病気です。ナイアシンの軽い欠乏であれば食欲の減退、不安感などですが、欠乏が続くと、このペラグラが発症します。日光があたる顔などが炎症を起し、消火器全般への悪影響、胃腸への異常がおこります。さらに、ナイアシン不足が続くと、脳機能にまで影響を与え、ノイローゼなどの原因ともなります。
ただし、現在の日本人の食生活から考えると、ナイアシンの不足は心配するほどではありません。
>>ビタミン欠乏症

 

ナイアシン過剰の症状

ナイアシンの過剰摂取による悪影響はほとんどありませんが、血中のコレステロール値が高い場合にナイアシンを大量投与すると、その場合は過剰症として、皮膚のかゆみやほてりなどの症状が出る場合がありますが、これは、医薬的な投与による場合などで通常の食生活においてナイアシンの過剰症となるケースはほとんど考えなくてもよいでしょう。

 

ナイアシンを多く含む食品

ナイアシンは、たらこ、かつお、レバーなどに多く含まれています。また、ナイアシンは熱に強いので加熱した食事でもOKですが、水溶性ですので、煮汁がある場合は一緒に摂取するようにしましょう。

 

ナイアシンの向き、不向き

ここでは、ナイアシンの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

ナイアシン摂取が向いているタイプ

  1. 飲酒量の多い方
  2. 肌荒れが気になる方
  3. 口内炎になりやすい方
  4. 胃腸の調子が悪い方
  5. 冷え性の方

ナイアシン摂取が向いていないタイプ

  1. ナイアシン摂取が向いていない方はいません。

 

ナイアシンのサプリメント・食品情報

ここでは、ナイアシンに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

ナイアシンに関する人気商品(アマゾン)

 

 

スポンサーリンク
ビタミン

他の栄養素の働きを助ける効果が強いビタミンの種類や効果を解説。

-水溶性ビタミン-
ビタミンB群
  |-ビタミンB1
  |-ビタミンB2
  |-ナイアシン
  |-パントテン酸
  |-ビタミンB6
  |-ビオチン
  |-葉酸 (パラアミノ安息香酸)
  |-ビタミンB12
ビタミンC

-脂溶性ビタミン-
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

-ビタミン様物質-
ビタミンP
  |-ルチン
ビタミンQ(コエンザイムQ10)
ビタミンU(キャべジン)
イノシトール
コリン
リポ酸

-ビタミン関連情報-
ビタミン欠乏症

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください