ビタミンE

栄養管理
栄養管理.comビタミン脂溶性ビタミン>ビタミンE

ビタミンEとは

ビタミンEは、抗酸化作用の強い脂溶性のビタミン。過酸化脂質を抑制し動脈硬化を予防する効果が期待できます。

スポンサーリンク

ビタミンEの働き・効果

酸素は一般に人体の活動に必要不可欠なものですが、時に生体膜や細胞膜の不飽和脂肪酸を酸化させてしまい、人体に悪影響を与える場合があります。ビタミンEは人体の細胞膜に待機して、過酸化脂質が発生しないように抑制します。

この効果によりビタミンEは、動脈硬化を防止し、心筋高速や脳卒中を予防する効果があるほか、心臓や脳血管などに起因する様々な生活習慣病を予防します。

ビタミンE不足の症状

ビタミンEは毛細血管の血行を順調にする働きがあるため、ビタミンEが欠乏すると逆に、血行障害からくるh窓外が起こりやすくなります。例えば、肩こりや頭痛、しもやけ、冷え性など。また、ホルモンバランスが崩れる時期に発生する更年期障害を悪化させる場合もあります。
また、過酸化脂質がたんぱく質と結合し老化色素を作り出しますので、ビタミンEが不足すると、老化の新興を早めてしまうという危険性もあります。
>>ビタミン欠乏症

 

ビタミンE過剰の症状

ビタミンEは脂溶性で体に蓄積されるビタミンですが、上限が700-800mgと多いので、食事によってこの量をオーバーすることはないでしょう。ただし、大量に摂取しすぎると、血液が固まりにくくなるという研究報告もあります。

 

ビタミンEを多く含む食品

ビタミンEの摂取目安量は一日100-300mgとされています。ただし、現在日本人の平均摂取量は10mg程度ですので、かなりの開きがあります。そのため、この差を埋めるためにはサプリメントなどを活用するのが最も効率的です。
できるだけ天然型のビタミンサプリメントを摂取するほうが、吸収および生理活性が高いのでオススメです。

 

ビタミンEの向き、不向き

ここでは、ビタミンEの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

ビタミンE摂取が向いているタイプ

  1. 妊婦
  2. 冷え性の方
  3. 更年期障害
  4. がんの予防をしたい方
  5. 心疾患・脳卒中を予防したい方

ビタミンE摂取が向いていないタイプ

  1. ビタミンE摂取が向いていない方はいません。

 

ビタミンEのサプリメント・食品情報

ここでは、ビタミンEに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

ビタミンEに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ビタミン

他の栄養素の働きを助ける効果が強いビタミンの種類や効果を解説。

-水溶性ビタミン-
ビタミンB群
  |-ビタミンB1
  |-ビタミンB2
  |-ナイアシン
  |-パントテン酸
  |-ビタミンB6
  |-ビオチン
  |-葉酸 (パラアミノ安息香酸)
  |-ビタミンB12
ビタミンC

-脂溶性ビタミン-
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

-ビタミン様物質-
ビタミンP
  |-ルチン
ビタミンQ(コエンザイムQ10)
ビタミンU(キャべジン)
イノシトール
コリン
リポ酸

-ビタミン関連情報-
ビタミン欠乏症

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください