ビタミンD

栄養管理
栄養管理.comビタミン脂溶性ビタミン>ビタミンD

ビタミンDとは

ビタミンDは、脂溶性のビタミン。骨の原料であるカルシウムやリンの吸収促進やサポートする効果があります。太陽を浴びる事でも生成されるビタミンです。

スポンサーリンク

ビタミンDの働き・効果

ビタミンDの主な効果としては、カルシウムの調整役として骨の形成や成長を促すのが仕事です。通常日本人の場合、太陽の日光を浴びる事でビタミンDが体内で合成されるので不足する事はありませんが、骨の形成期である幼児などに対しては、不足しないように注意しましょう。

ビタミンD不足の症状

幼児の場合、ビタミンD欠乏による「くる病」が心配です。大人の場合「骨軟化症」になるといわれています。また、閉経後の女性の場合は骨粗鬆症のリスクも高まります。
>>ビタミン欠乏症

 

ビタミンD過剰の症状

乳幼児がビタミンDを大量に摂取すると、血管や臓器にカルシウムが沈着し、毒性があらわれるという恐れもあるので(高カルシウム血症)、注意が必要です。過剰摂取の目安は50μgとされています。

 

ビタミンDを多く含む食品

ビタミンDの一日の目安量は大人5μg、幼児は3-4μgとされています。ただし、食事においてはあまり神経質にならなくても、きくらげやしいたけなどビタミンDを多く含む食材を適度に摂取していれば問題ありません。

 

ビタミンDの向き、不向き

ここでは、ビタミンDの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

ビタミンD摂取が向いているタイプ

  1. 骨の形成期にある幼児・子供
  2. 妊娠中の方
  3. 高齢の方
  4. 閉経後の女性
  5. 骨粗鬆症を予防したい方

ビタミンD摂取が向いていないタイプ

  1. ビタミンD摂取が向いていない方はいません。

 

ビタミンDのサプリメント・食品情報

ここでは、ビタミンDに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

ビタミンDに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ビタミン

他の栄養素の働きを助ける効果が強いビタミンの種類や効果を解説。

-水溶性ビタミン-
ビタミンB群
  |-ビタミンB1
  |-ビタミンB2
  |-ナイアシン
  |-パントテン酸
  |-ビタミンB6
  |-ビオチン
  |-葉酸 (パラアミノ安息香酸)
  |-ビタミンB12
ビタミンC

-脂溶性ビタミン-
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

-ビタミン様物質-
ビタミンP
  |-ルチン
ビタミンQ(コエンザイムQ10)
ビタミンU(キャべジン)
イノシトール
コリン
リポ酸

-ビタミン関連情報-
ビタミン欠乏症

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください