ビタミンB6

栄養管理
栄養管理.comビタミン水溶性ビタミンビタミンB群>ビタミンB6

ビタミンB6とは

ビタミンB6(化学名ピリドキシン)は、皮膚炎の予防に効果があるとされるビタミンです。たんぱく質の代謝を司っており、たんぱく質摂取が多いほど、ビタミンB6の必要摂取量も増えていきます。

スポンサーリンク

ビタミンB6の働き・効果

ビタミンB6の具体的な作用として、人は「たんぱく質」を分解し、人体に必要な形で再合成し利用しやすいアミノ酸に生成します。その中で一部のアミノ酸の合成をサポートするのが、ビタミンB6の主な役割です。特に、ビタミンB6には髪の毛や皮膚、歯を健康にする効果や成長を促進する効果があるほか、神経の働きを正常に保つ効果があります。
さらに、ビタミンB6には神経伝達物質の合成にかかわり刺激の抑制にはたらくインスリンの合成に関する効果が期待できます。

ビタミンB6不足の症状

ビタミンB6が欠乏すると、皮膚炎、口内炎、湿疹やじんましんといった症状があらわれます。また、脂質を多く摂取する人はには脂肪肝になりやすくなったり、胃や腸がただれるといったアレルギー症状が出やすくなるなどのビタミンB6欠乏症が発生します。
そのほか、末梢神経にビタミンB6が関与している事から、足がつったり、手足がしびれやすくなるといった欠乏症の症状も報告されています。
>>ビタミン欠乏症

 

ビタミンB6過剰の症状

ビタミンB6は過剰摂取した場合、水溶性のビタミンですので尿などと一緒に体外に排出されますので、過剰摂取による毒性は知られていません。ただし、ビタミンB6を一日に過剰に摂取しすぎた場合、神経系に障害を与えるおそれがあるという報告もあがっています。

 

ビタミンB6を多く含む食品

ビタミンB6は水溶性ビタミンで貯蔵ができませんので、毎日摂取しましょう。特に、かつお、まぐろ、さけ、サンマといった魚類のほか、サツマイモ、ばなななどの果物や野菜などにも含まれています。ビタミンB2が不足すると、ビタミンB6の働きも阻害される為、あわせて摂取しましょう。
さらに、ビタミンB6は抗生物質と相性が悪い為、風邪などの症状により抗生物質の処方を受けている場合は、ビタミンB6を普段よりも心がけて多く摂取するようにしましょう。

 

ビタミンB6の向き、不向き

ここでは、ビタミンB6の摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

ビタミンB6摂取が向いているタイプ

  1. たんぱく質を多く摂取する方
  2. 発育期の方
  3. 肌荒れ、口内炎に悩む方
  4. アレルギー症状のある方
  5. 足がつりやすい方
  6. 妊婦の方

ビタミンB6摂取が向いていないタイプ

  1. ビタミンB6摂取が向いていない方はいません。

 

ビタミンB6のサプリメント・食品情報

ここでは、ビタミンB6に関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

ビタミンB6に関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ビタミン

他の栄養素の働きを助ける効果が強いビタミンの種類や効果を解説。

-水溶性ビタミン-
ビタミンB群
  |-ビタミンB1
  |-ビタミンB2
  |-ナイアシン
  |-パントテン酸
  |-ビタミンB6
  |-ビオチン
  |-葉酸 (パラアミノ安息香酸)
  |-ビタミンB12
ビタミンC

-脂溶性ビタミン-
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

-ビタミン様物質-
ビタミンP
  |-ルチン
ビタミンQ(コエンザイムQ10)
ビタミンU(キャべジン)
イノシトール
コリン
リポ酸

-ビタミン関連情報-
ビタミン欠乏症

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください