ビタミンB群

栄養管理
栄養管理.comビタミン水溶性ビタミン>ビタミンB群

ビタミンB群とは

ビタミンB群とは、水溶性ビタミンのうち、「ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン」の8種類をさす。

ビタミンB群をビタミンB複合体と呼ぶ場合もある。発見当時はラットに発育に必須の水溶性因子とされていたが、近年の研究においてはある種の混合物であることが分かっています。上記8つのビタミンB群は「補酵素」としてっ機能しています。

スポンサーリンク

ビタミンB群の種類とその効能

「ビタミン」の頁でもまとめていますが、ここでは、ビタミンB群に限ってその種類と効能、多く含む食品を解説します。

種類
化学名
特徴
主な食品
ビタミンB1 チアミン 糖質の代謝、神経機能正常化 豚のヒレ肉・タイ・うなぎ・玄米・鶏レバー
ビタミンB2 リボフラビン 脂質・糖質・たんぱく質の代謝促進、成長促進、過酸化脂質の分解 豚レバー・いわし・牛乳・かれい・ぶり・うなぎ
ナイアシン
(ビタミンB3)
ニコチン酸
ニコチン酸アミド
糖質・脂質・タンパク質の代謝促進 マグロ・カツオ・さば・豚レバー
パントテン酸
(ビタミンB5)
ビタミンB5 糖質・脂質・タンパク質の代謝促進 牛レバー、鮭、サツマイモ、しいたけ、卵
ビタミンB6 ピリドキシン アミノ酸の代謝に関与、神経伝達物質合成 マグロ・カツオ・バナナ・牛レバー・サツマイモ
ビオチン
(ビタミンB7)
ビタミンH 糖質・脂質・タンパク質の代謝促進 鶏レバー・牛レバー・いわし・玉ねぎ・鮭・大豆
葉酸
(ビタミンB9)
プテロイル
グルタミン酸
赤血球の生成、DNA合成の促進、胎児の先天異常予防 牛レバー、モロヘイヤ、春菊、ほうれん草、アスパラガス、とうもろこし
ビタミンB12 コバラミン 補酵素として様々な反応に関与、正常な赤血球の生成、神経機能維持 牛レバー、しじみ、あさり、牡蠣、さんま

 

コラム-ビタミンB群の科学的な歴史-

ちなみに、ビタミンB群は過去これまでの間様々な物質がビタミンB複合体として登録されてきたけ言いがあります。正式なビタミンB群は上記で解説している8種類のみですが、実は過去数十種類もの物質がビタミンBの仲間として登録されてきた経緯があります。
(ビタミンB6とビタミンB12の間に空きがあるのもその理由によります。)

 

ビタミンBのサプリメント・食品情報

ここでは、ビタミンBに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

ビタミンBに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ビタミン

他の栄養素の働きを助ける効果が強いビタミンの種類や効果を解説。

-水溶性ビタミン-
ビタミンB群
  |-ビタミンB1
  |-ビタミンB2
  |-ナイアシン
  |-パントテン酸
  |-ビタミンB6
  |-ビオチン
  |-葉酸 (パラアミノ安息香酸)
  |-ビタミンB12
ビタミンC

-脂溶性ビタミン-
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

-ビタミン様物質-
ビタミンP
  |-ルチン
ビタミンQ(コエンザイムQ10)
ビタミンU(キャべジン)
イノシトール
コリン
リポ酸

-ビタミン関連情報-
ビタミン欠乏症

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください