ビタミンA

栄養管理
栄養管理.comビタミン脂溶性ビタミン>ビタミンA

ビタミンAとは

ビタミンAは一番最初に発見されたビタミンで、動物性の食品に含まれる「レチノール」と植物性の食品に含まれる「βカロテン」の二種類があり、それぞれビタミンAに分解されます。目と粘膜に重要な効果を果たすほか、がんの予防効果も期待されます。

スポンサーリンク

ビタミンAの働き・効果

ビタミンAの作用は前進におよび、皮膚、目(角膜・粘膜)、口腔、気管支、肺、胃腸、膀胱、子宮などの上皮組織に働き粘膜を健康に保つ効果があります。
特に、目の網膜に存在し、光の明暗を感じる「ロドプシン」と呼ばれる物質はビタミンAとたんぱく質でできており、ビタミンAは色を見る力にも関わってきます。

その他、ビタミンAを十分に摂取する事により発がんを抑制する効果が分かっているほか、成長の促進や生殖器の維持などの重要な役割を果たします。

ビタミンA不足の症状

ビタミンAが不足すると、粘膜が乾燥し、肌の調子が悪くなるほか、暗いところで目が見えにくくなるなどの症状が現れます。また、髪の毛が抜けやすくなったり、爪がもろくなるなどの症状も引き起こします。
>>ビタミン欠乏症

 

ビタミンA過剰の症状

ビタミンAの基となるレチノール(動物由来ビタミンA)とβカロテン(植物由来ビタミンA)についてですが、βカロテンには過剰摂取による弊害はありません。しかしレチノールの場合、過剰に摂取すると頭痛の原因となったり、吐き気や発疹、疲労感などの過剰作用が起こる例が報告されています。

妊婦のビタミンAは上限5000IUとされていますが、1日10000IU以上を連続摂取すると奇形リスクが高まると言われています。
レチノール(動物由来ビタミンA)が豊富な鳥レバーなどは過剰に取るのは避けたい。植物性のビタミンA(βカロテン)なら問題はないのでビタミン摂取はなるべく野菜から。

 

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAは鳥や豚のレバー、うなぎ、ほうれんそう、ニンジンなどが挙げられます。レバーに含まれるのはレチノールで、過剰症もありえますので、毎日多量に摂取するのは控えてください。
βカロテンの場合は油と一緒に摂取する事で吸収率が上昇しますので、緑黄色野菜を調理する場合はいためるようにすると良いでしょう。

 

ビタミンAの向き、不向き

ここでは、ビタミンAの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

ビタミンA摂取が向いているタイプ

  1. 風邪をひきやすい方
  2. 肌が乾燥する方
  3. 薄暗いところで目が見えにくくなる方(慣れるまで時間がかかりすぎる方)
  4. 肝臓ガンを予防したい方
  5. 授乳中の方

ビタミンA摂取が向いていないタイプ

  1. 妊婦

 

ビタミンAのサプリメント・食品情報

ここでは、ビタミンAに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

ビタミンAに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ビタミン

他の栄養素の働きを助ける効果が強いビタミンの種類や効果を解説。

-水溶性ビタミン-
ビタミンB群
  |-ビタミンB1
  |-ビタミンB2
  |-ナイアシン
  |-パントテン酸
  |-ビタミンB6
  |-ビオチン
  |-葉酸 (パラアミノ安息香酸)
  |-ビタミンB12
ビタミンC

-脂溶性ビタミン-
ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

-ビタミン様物質-
ビタミンP
  |-ルチン
ビタミンQ(コエンザイムQ10)
ビタミンU(キャべジン)
イノシトール
コリン
リポ酸

-ビタミン関連情報-
ビタミン欠乏症

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください