フェニルアラニン

栄養管理
栄養管理.comたんぱく質・アミノ酸必須アミノ酸>フェニルアラニン

フェニルアラニンとは

フェニルアラニンは、神経伝達物質として神経細胞間で信号を伝達する役割を持つアミノ酸で、必須アミノ酸の一つです。フェニルアラニンから生成されるノルエピネフリンとドーパミンにより刺激を伝達します。

スポンサーリンク

フェニルアラニンの働き・効果

フェニルアラニンは、化学合成されたDLフェニルアラニンというものが、鎮痛剤として使われるなど、鎮痛効果が高いアミノ酸です。(天然のフェニルアラニンのことを、「L-フェニルアラニン」といいます。
フェニルアラニンは、慢性的な痛み(外傷、関節痛、リウマチなど)の痛みを軽減する効果があります。

また、うつに対しても効果があることが近年の研究により認められています。

 

フェニルアラニンを多く含む食品

フェニルアラニンは、肉類をはじめとして魚貝、卵、チーズなどに多く含まれています。また、ビタミンB12と一緒に摂取すると、多発性硬化症や神経や筋肉の各種症状にも効果があるとされています。

ただし、過剰摂取すると、血圧が高くなりすぎる恐れがありますので、高血圧、妊婦、心臓病の方はフェニルアラニンの摂取について医師とご相談ください。

 

フェニルアラニンの向き、不向き

ここでは、フェニルアラニンの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

フェニルアラニン摂取が向いているタイプ

  1. うつ病傾向の方
  2. 太り気味の方
  3. 筋肉の病気を持つ方

 

フェニルアラニン摂取が向いていないタイプ

  1. 心臓病の方
  2. 高血圧の方
  3. 妊婦
  4. 皮膚がん、フェニルケトン尿症の方

 

フェニルアラニンのサプリメント・食品情報

ここでは、フェニルアラニンに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

フェニルアラニン(楽天)
フェニルアラニン(アマゾン)

フェニルアラニンに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
たんぱく質・アミノ酸一覧

筋肉や内臓などの構造成分でエネルギー源にもなる栄養成分の種類や効果を解説。

必須アミノ酸
  |-イソロイシン
  |-ロイシン
  |-リジン
  |-メチオニン
  |-フェニルアラニン
  |-スレオニン
  |-トリプトファン
  |-バリン
  |-ヒスチジン
非必須アミノ酸
  |-アルギニン
  |-アスパラギン酸
  |-シスチン
  |-チロシン
  |-グルタミン酸
  |-グルコサミン
タウリン
コラーゲン
カゼイン
ラクトフェリン
グリシニン
レクチン
グルテンペプチド
カルニチン
CPP(カゼインホスホペプチド)
βカゾモルフィン
ギャバ

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください