非必須アミノ酸

栄養管理
栄養管理.comたんぱく質・アミノ酸>非必須アミノ酸

非必須アミノ酸とは

非必須アミノ酸とは、必須アミノ酸と異なり、体内で合成が可能なアミノ酸のことです。人体を構成しているアミノ酸は20種類で、必須アミノ酸は9種類ですので、残りの11種類のアミノ酸が非必須アミノ酸にあたります。

スポンサーリンク

非必須アミノ酸の種類と働き

非必須アミノ酸は人体にとって別の成分から生成することができるアミノ酸ですので、必ずしもそれ自身を摂取する必要はありませんが、人体にとっても有効な効果をもたらす非必須アミノ酸もありますので、ここで紹介していきます。非必須アミノ酸の詳細な解説については、それぞれの個別頁を参照してください。

非必須アミノ酸
効果効能
食材
アルギニン 免疫力を高める効果、筋肉強化、成長期には必須 小牛肉、鶏肉、牛乳、エビ、大豆、玄米
アスパラギン酸
アスパラギン
新陳代謝の促進、疲労回復、スタミナ アスパラガス、豆類、もやし
シスチン(システィン) 有害なミネラルの蓄積予防。メラニン色素の生成を抑える 卵、とうもろこし
チロシン 甲状腺ホルモン、成長ホルモン、ドーパミンの原料 とうもろこし、卵
アラニン 脂肪の燃焼促進、免疫機能向上 しじみ、牡蠣、うに、ホタテなどの魚介類
グルコサミン

胃腸機能の正常化、筋肉機能正常化

かに、レバー、うに
グルタミン酸 即効性のエネルギー源 ホタテ、かに、レバー、豚肉
グリシン 保湿、抗酸化作用 エビ、ホタテ、カニ
プロリン コラーゲン代謝、脂肪燃焼促進 イカ、ミカン
セリン 肌の老化防止、神経機能補助 大豆、いくら

 

スポンサーリンク
たんぱく質・アミノ酸一覧

筋肉や内臓などの構造成分でエネルギー源にもなる栄養成分の種類や効果を解説。

必須アミノ酸
  |-イソロイシン
  |-ロイシン
  |-リジン
  |-メチオニン
  |-フェニルアラニン
  |-スレオニン
  |-トリプトファン
  |-バリン
  |-ヒスチジン
非必須アミノ酸
  |-アルギニン
  |-アスパラギン酸
  |-シスチン
  |-チロシン
  |-グルタミン酸
  |-グルコサミン
タウリン
コラーゲン
カゼイン
ラクトフェリン
グリシニン
レクチン
グルテンペプチド
カルニチン
CPP(カゼインホスホペプチド)
βカゾモルフィン
ギャバ

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください