コラーゲン

栄養管理
栄養管理.comたんぱく質・アミノ酸>コラーゲン

コラーゲンとは

コラーゲンとは動物の結合組織に必ず含まれているたんぱく質の一種。細胞同士をくっつける役割を果たしており、効果的な摂取は皮膚の老化防止、目の健康を守るなどの効果がある。

スポンサーリンク

コラーゲンの働き・効果

コラーゲンは皮膚組織の水分を除いた部分の70%を占めています。そして、肌のみずみずしさやハリを保つ効果があり、ほかにも目の水晶体や角膜などにもコラーゲンが多く含まれており、それぞれの健康を保つ働きをしています。

また、コラーゲンは結果を丈夫にする効果や出血を早くとめる、脳神経細胞に栄養を送るなどの効果があることが近年わかってきており、がんやアレルギーに対する免疫機能を高める働きも期待されています。

 

コラーゲンを多く含む食品

コラーゲンはフカヒレや動物の骨、皮などに多くふくまれています。コラーゲンは水溶性のたんぱく質ですので鶏がらスープなどにも溶け出してきます。
コラーゲンを効率的に摂取するには、ビタミンCと鉄を組み合わせる事によりよりコラーゲンの吸収がよくなります。

 

コラーゲンの向き、不向き

ここでは、コラーゲンの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

コラーゲン摂取が向いているタイプ

  1. 肌を若く保ちたい方
  2. 眼精疲労の方
  3. 骨を丈夫にしたり骨粗鬆症を予防したい方
  4. 髪の悩みがある方
  5. 免疫機能を強化したい方
  6. 関節痛の方

コラーゲン摂取が向いていないタイプ

  1. コラーゲン摂取に向いていないタイプの方はいません。

 

コラーゲンのサプリメント・食品情報

ここでは、コラーゲンに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

コラーゲン(楽天)
コラーゲン(アマゾン)

コラーゲンに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
たんぱく質・アミノ酸一覧

筋肉や内臓などの構造成分でエネルギー源にもなる栄養成分の種類や効果を解説。

必須アミノ酸
  |-イソロイシン
  |-ロイシン
  |-リジン
  |-メチオニン
  |-フェニルアラニン
  |-スレオニン
  |-トリプトファン
  |-バリン
  |-ヒスチジン
非必須アミノ酸
  |-アルギニン
  |-アスパラギン酸
  |-シスチン
  |-チロシン
  |-グルタミン酸
  |-グルコサミン
タウリン
コラーゲン
カゼイン
ラクトフェリン
グリシニン
レクチン
グルテンペプチド
カルニチン
CPP(カゼインホスホペプチド)
βカゾモルフィン
ギャバ

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください