亜鉛

栄養管理
栄養管理.comミネラル>亜鉛

亜鉛とは

亜鉛は、体内で必須成分としている酵素が200種類以上もある必須ミネラル分です。細胞の新生などには必ず亜鉛が含まれており、体の新陳代謝には必須となるミネラル分の一つ。

スポンサーリンク

亜鉛の働き・効果

新しい細胞を作るには、遺伝子情報とたんぱく質を合成する必要がありますが、亜鉛はそれらの生成を促進する酵素の重要な成分となります。つまり、亜鉛は体の新陳代謝を図る上で必須のミネラル分ということになります。

このほか、亜鉛には、ビタミンCとともに、コラーゲンという美容成分にも含まれている物質の合成に作用したり、免疫機能の強化、味覚や嗅覚を正常に保つ、水銀や鉛といった人体に有害な金属から体をまもるといった効果があります。
さらに、ビタミンAの代謝促進や傷の治りを早くする、コレステロールの沈着を予防するなどの効果もあるとされています。亜鉛は、男女問わず必要なミネラルですが、特に男性の生殖器官の発達や生殖機能の維持にも必要不可欠なミネラルです。

不妊に悩む方にもおすすめの栄養成分(ミネラル分)となります。

 

亜鉛不足の症状

舌には、味蕾(みらい)という器官があり、そこでは亜鉛を含むたんぱく質が必要であるとされています。近年、テレビなどでも取り上げられる事が多い、味覚障害についてはこの亜鉛不足が原因で起こる場合があります。このほか、脱毛や肌荒れ、免疫機能の不調による風邪など様々な欠乏症が発生する可能性があります。

 

亜鉛過剰の症状

亜鉛の過剰摂取はあまり心配するほどではありませんが、一度に2g以上の摂取をすると急性亜鉛中毒を引き起こす恐れがあります。ただし、この事例は缶詰に使われていた容器の亜鉛が溶け出していた為に発生したもので、通常の食生活において一度に2gの亜鉛を摂取する事はありえないといってもよいでしょう。

 

亜鉛を多く含む食品

亜鉛を多く含む食品の代表格は海のミルクとも言われる「牡蠣」です。そのほかの肉類や雑穀類、豆類などにも亜鉛は含まれています。ファーストフードに偏った食生活や極度のダイエットは亜鉛不足を引き起こす可能性がありますので、偏りのない食生活を心がけましょう。

 

亜鉛の向き、不向き

ここでは、亜鉛の摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

亜鉛摂取が向いているタイプ

  1. 風邪をひきやすい方
  2. 味覚障害の方
  3. 抜け毛が気になる方
  4. 妊娠を望む方
  5. 性能力が減退している方
  6. 動脈硬化を予防したい方
  7. 免疫力を高めたい方

亜鉛摂取が向いていないタイプ

  1. 亜鉛摂取が向いていない方はいません。

 

亜鉛のサプリメント・食品情報

ここでは、亜鉛に関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

亜鉛(楽天)
亜鉛(アマゾン)

亜鉛に関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ミネラル一覧

からだの機能の維持や調整に役立つ栄養素であるミネラルの種類や効果を解説。

カルシウム
リン
ナトリウム
カリウム
マグネシウム
鉄分
亜鉛

マンガン
セレン
ヨウ素
イオウ
塩素
クロム
リチウム
ゲルマニウム
ケイ素
フッ素
バナジウム
ニッケル
コバルト
モリブデン

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください