セレン

栄養管理
栄養管理.comミネラル>セレン

セレンとは

セレンは、ミネラルの一種で、抗酸化作用があることで知られています。同じく抗酸化作用のあるビタミンEと一緒に摂取する事により抗酸化作用はさらにアップします。

スポンサーリンク

セレンの働き・効果

セレンは、抗酸化作用が強いミネラルの一種です。細胞膜などに含まれている不飽和脂肪酸は、からだに欠かす事のできない成分ですが、酸化しやすいという特徴を持っており、体の中で不飽和脂肪酸が酸化することにより、体の中で過酸化脂肪酸となり、様々な悪影響を及ぼします。
セレンは、ビタミンEとともに、この過酸化脂質の分解をするはたらきをもっており、組織の老化や動脈硬化を予防します。

このほか、セレンには疫学調査により、セレンのがん抑制効果が報告されています。このほか、有害な金属の毒性を減少させ、抗体の産生を促進することにより、免疫機能を強化するほか、精子の形成にも役立ちます。

 

セレン不足の症状

セレンが欠乏すると、体の中に、過酸化脂質が増加して、老化が早まる、筋力が低下するなどの欠乏症が起こります。また、抜け毛が増えたり、しみができたりすることがあります。
また、セレン欠乏は、発がんリスクを高めるほか、抵抗力の減退、心筋症、不整脈、動脈硬化などの恐れがあります。

 

セレン過剰の症状

セレンは毒性ももっているミネラル分で一日に250μg以上を摂取すると、吐き気、脱毛、爪の変形といった中毒症状を招く事も知られています。通常の食生活をしている限り過剰の恐れはありませんが、サプリメントなどを通じてセレンを摂取するような場合はセレン中毒に注意してください。

 

セレンを多く含む食品

海産物や肉類、穀物、乳製品やにんにく、玉ねぎなどの多くの食品にこのセレンは含まれております。特に、日本では魚介類や穀物などを通じまして一日に100μgのセレンを摂取していますので、不足の心配はごく稀です。

 

セレンの向き、不向き

ここでは、セレンの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

セレン摂取が向いているタイプ

  1. 動脈硬化が気になる方
  2. がんを予防したい方
  3. 白内障を予防したい方
  4. 抜け毛が気になる方
  5. 精子の量が少ない男性
  6. 更年期障害の症状を緩和したい方

セレン摂取が向いていないタイプ

  1. セレン摂取が向いていない方はいません。

 

セレンのサプリメント・食品情報

ここでは、セレンに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

セレン(楽天)
セレン(アマゾン)

セレンに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ミネラル一覧

からだの機能の維持や調整に役立つ栄養素であるミネラルの種類や効果を解説。

カルシウム
リン
ナトリウム
カリウム
マグネシウム
鉄分
亜鉛

マンガン
セレン
ヨウ素
イオウ
塩素
クロム
リチウム
ゲルマニウム
ケイ素
フッ素
バナジウム
ニッケル
コバルト
モリブデン

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください