リン

栄養管理
栄養管理.comミネラル>リン

リンとは

リンは、人体においてカルシウムに次いで多いミネラル分にあたります。骨や歯を作る主要な材料となるほか、筋肉、脳、神経といったあらゆる組織に存在しており、細胞の成長など様々な場面で活躍します。

スポンサーリンク

リンの働き・効果

リンの約80%分はカルシウムと結合しており、「リン酸カルシウム」を作り骨の主成分とします。残りが、細胞膜や遺伝などを司る核酸を作り、エネルギーの運搬、貯蔵、神経機能を正常に保つといった重要な役割を果たしています。
不足はまずありませんので、あまり注目される事のない栄養・ミネラルですが、本当に不足すると、ビタミンB1やビタミンB2と結合して糖質の代謝を高めたり、ナイアシンの吸収を高めるなどの効果も知られています。

リン不足の症状

リンが不足すると、からだの組織においてあらゆるところで使われているミネラルですから、体中に欠乏症の影響がでます。
リン不足による、歯周病、骨軟化症、筋肉の衰え、疲れやすくなるなどの症状が、さらに、子供がリン不足になると、健全な発育が遅れてしまうなどの症状が出る場合もあります。

その他、腎臓に強く悪影響を与えて結石ができやすくなるといったことも報告されています。

 

リン過剰の症状

リンは、カルシウムと非常に密接な関係があります。それぞれの摂取バランスはカルシウム:リン=2:1〜1:2までの範囲内が理想的とされています。
ただし、一般的に日本人は様々な食品からリンを摂取していますが、カルシウムの摂取は不足しています。つまり、リン過剰となりやすい傾向があります。

リンの摂取が過剰になると、軟組織にカルシウムが沈着してしまうといわれています。さらに、一日の摂取量が2gを越えてしまうと、副甲状腺機能亢進(こうしん)、骨代謝障害などの症状が現れる可能性もあります。また、腎臓に障害がある方はリンの過剰摂取の影響を受けやすいので注意してください。

 

リンを多く含む食品

リンは、肉類、魚介類、乳製品などに多く含まれています。リンの摂取を目的にするのであれば、カルシウムも同時に摂取できる牛乳やチーズといった乳製品を摂取するようにしましょう。

 

リンの向き、不向き

ここでは、リンの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

リン摂取が向いているタイプ

  1. 歯ぐきや歯が弱い方
  2. 歯周病の方
  3. 関節に痛みがある方
  4. 神経症の方

リン摂取が向いていないタイプ

  1. 腎臓に障害がある方

 

 

スポンサーリンク
ミネラル一覧

からだの機能の維持や調整に役立つ栄養素であるミネラルの種類や効果を解説。

カルシウム
リン
ナトリウム
カリウム
マグネシウム
鉄分
亜鉛

マンガン
セレン
ヨウ素
イオウ
塩素
クロム
リチウム
ゲルマニウム
ケイ素
フッ素
バナジウム
ニッケル
コバルト
モリブデン

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください