栄養管理
栄養管理.comミネラル>銅

銅とは

銅はあまりミネラルとして聞かないかも知れませんが、銅も鉄と同じように不足することで貧血を誘発します。酸素を体中に運ぶ「ヘモグロビン」は鉄ど銅の両方のミネラルが必要になるのです。

スポンサーリンク

銅の働き・効果

銅は、セルロプラスミンというタンパク質に組み込まれて血中を運ばれていきます。そして、そのままではヘモグロビンの合成に役立てない「鉄分」を変化させ、変化した鉄分がヘモグロビンに合成されます。この働きがうまくいかない(=銅が不足する)とヘモグロビンの合成がスムーズに行かずに、量が減少したり、赤血球が小さくなるなどの障害が発生します。

銅には、このほかメラニン色素の生成に役立ち、骨や血管を強化するコラーゲンやエラスチンの生成に働き、過酸化脂質を分解する酵素である「SOD」を構成していたり、有害金属の毒性を弱めたりする効果が確認されています。

 

銅不足の症状

銅が不足すると、骨や血管が弱くなり、骨および関節も不調に成るとされています。また、銅欠乏は骨粗鬆症や関節リウマチが起こりやすくなるほか、白髪になる。皮膚の色が抜け落ちるなどの障害が発生する可能性もあります。

 

銅過剰の症状

銅の摂取が過剰による症状は特に報告されていません。ただし、銅そのものを摂取するような極端な摂取の仕方をした場合、急性銅中毒となるケースもあります。

 

銅を多く含む食品

銅は様々な食品の中に含まれており、通常の食生活を行っていればあまり不足を気にする心配はないでしょう。代表的な食品としては、するめなどのほか「牡蠣」「そら豆」「カシューナッツ」「納豆」などに多く含まれています。

 

銅の向き、不向き

ここでは、銅の摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

銅摂取が向いているタイプ

  1. 貧血症の方
  2. 動脈硬化を予防したい方
  3. 動脈瘤(どうみゃくりゅう)が心配な方
  4. 骨を丈夫にしたい方
  5. 関節に不安がある方
  6. 髪の毛や皮膚を丈夫にしたい方

銅摂取が向いていないタイプ

  1. 銅摂取が向いていない方はいません。

 

銅のサプリメント・食品情報

ここでは、銅に関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

銅(楽天)
銅(アマゾン)

銅に関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ミネラル一覧

からだの機能の維持や調整に役立つ栄養素であるミネラルの種類や効果を解説。

カルシウム
リン
ナトリウム
カリウム
マグネシウム
鉄分
亜鉛

マンガン
セレン
ヨウ素
イオウ
塩素
クロム
リチウム
ゲルマニウム
ケイ素
フッ素
バナジウム
ニッケル
コバルト
モリブデン

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください