カルシウム

栄養管理
栄養管理.comミネラル>カルシウム

カルシウムとは

カルシウムはミネラルにおける代表格ともいえる栄養素で、丈夫な骨や歯を作る事はもちろん、そのほかにも精神を安定させるといった重要な生理作用があります。

スポンサーリンク

カルシウムの働き・効果

成人の体内中で焼く2%の重量をもっているカルシウムは、その99%は骨や歯を作っています。残りの1%は血液、神経などに存在しており、精神安定剤としての働きや、筋肉の収縮を保つはたらきなどがあります。
また、カルシウムには心臓の鼓動を規則的に保つ働きや血液を凝固させて出血を防ぐ効果、白血球の食菌作用をサポートする役割などがあり。カルシウムは私たちにとって、非常に重要なミネラルであることがわかります。

カルシウム不足の症状

カルシウムが不足すると、骨のカルシウムが失われる事になりますので、骨の発育に影響がでます。また、血行と血液の状態が悪化し、足がつったり、手足がしびれるなどの症状を引き起こす事があります。
また、カルシウム不足は高血圧・不整脈・動脈硬化などを引き起こす可能性もあり、注意が必要です。その他、イライラなどもカルシウム不足が原因で起こる場合があります。

 

カルシウム過剰の症状

カルシウムは通常摂取不足が問題となっていますので、過剰摂取の心配はありませんが、乳幼児ではビタミンDの過剰による高カルシウム血症が問題となる場合があります。

 

カルシウムを多く含む食品

カルシウムは、成人で600mgが目標摂取量ですが、過去20年間で一度もこの数字を超えたことがないミネラルです。カルシウムは乳製品や魚介類のほか、野菜や大豆製品にも多く含まれています。
また、良質なたんぱく質を摂取する事はカルシウムの吸収率を高めますので、一緒に摂取すると効果的です。また、女性の場合は出産時・更年期にカルシウム不足になりがちですので、この時期は多めに摂取するよう心がけてください。
特に、更年期以降は女性にとって骨粗鬆症のリスクが高まります。

 

カルシウムの向き、不向き

ここでは、カルシウムの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

カルシウム摂取が向いているタイプ

  1. 発育期の子供
  2. イライラしがちな方
  3. 妊娠中の方
  4. 高齢者の方
  5. 骨粗鬆症、高血圧、動脈硬化を予防したい方

カルシウム摂取が向いていないタイプ

  1. カルシウム摂取が向いていない方はいません。

 

カルシウムのサプリメント・食品情報

ここでは、カルシウムに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

カルシウム(楽天)
カルシウム(アマゾン)

カルシウムに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
ミネラル一覧

からだの機能の維持や調整に役立つ栄養素であるミネラルの種類や効果を解説。

カルシウム
リン
ナトリウム
カリウム
マグネシウム
鉄分
亜鉛

マンガン
セレン
ヨウ素
イオウ
塩素
クロム
リチウム
ゲルマニウム
ケイ素
フッ素
バナジウム
ニッケル
コバルト
モリブデン

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください