メタボリックシンドローム

栄養管理
栄養管理.com>メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは代謝症候群とも呼ばれており、内蔵脂肪型肥満に高血糖、高血圧、高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。上記はそれぞれでもリスク要因でもありますが、互いが相乗的に動脈硬化などのリスクを高める為治療の対象とされることを指します。

広義には、メタボリックシンドローム=生活習慣病(成人病)として話しているばあいもあります。当サイトでも部分的にメタボリックシンドロームと生活習慣病を重ねて解説している部分もあるが、厳密には分けて定義されます。

スポンサーリンク

メタボリックシンドロームの判定基準

日本において、以下の内臓脂肪型肥満条件を満たした上で、さらに高血糖、高血圧、高脂血症のうち2つが基準値より上回った場合、メタボリックシンドロームであると判断されます。

内臓脂肪型肥満の基準

腹部断面における内臓脂肪面積が100平方センチメートル以上。ただし、一般的には内臓脂肪面積を直接測位する事はしないため、腹囲を測定して代用する。男性で85cm以上、女性90cm以上が基準。

高血糖
空腹時血糖110mg/dL以上

高血圧
収縮時血圧130mmHg以上か拡張期血圧85mmHg以上のいずれか、又はいずれも満たすもの

高脂血症
血清中性脂肪150mg/dL以上、もしくは血清HDLコレステロール値40mg/dL未満のいずれか、またはいずれも満たす場合

 

メタボリックシンドロームに対する治療法

メタボリックシンドロームに対する治療については、内臓脂肪の解消を促進する「運動療法」および食餌制限による「摂取カロリー制限」が基本的な治療姿勢となります。
症状の重さに応じて、危険因子に対する薬物療法も並行して実施するケースもあります。また、喫煙者の場合はできるだけ禁煙も行うと効果的。

上記の治療については、メタボリックシンドロームは、「狭心症」「心筋梗塞」「脳卒中」などの病気に至るリスクが高い状態を示して場合ですので、具体的な投薬治療はあまり行いません。

しかし、人間ドッグなどで明らかな病気が発見された場合には血管内治療や降圧薬の投与なども行う場合もあります。

 

スポンサーリンク
栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください