オレイン酸

栄養管理
栄養管理.com脂質・脂肪酸不飽和脂肪酸>オレイン酸

オレイン酸とは

オレイン酸は、体内で合成が可能な一価不飽和脂肪酸で、オリーブオイルやナッツ類におおく含まれています。他の脂肪酸と異なり、酸化しにくい特徴があり発がんの危険性がある「過酸化脂肪酸」をつくりにくいのが特徴的です。

スポンサーリンク

オレイン酸の働き・効果

オレイン酸は、動物性の飽和脂肪酸やリノール酸、アラキドン酸とことなり、高血圧や心臓疾患、動脈硬化、肥満などといった生活習慣病(メタボリックシンドローム)の症状を改善・予防する効果を持っています。

さらに、オレイン酸は胃酸の分泌を調整し胃潰瘍や胃酸過多を防止し、腸の運動を促す効果も認められています。体内で合成が可能な脂肪酸ですが、オレイン酸はこれらのからだに良い作用が判明し、食品からの摂取に注目が集まっています。

 

オレイン酸を多く含む食品

オレイン酸を多く含む食品としては「ひまわり油」「サンフラワー油」「オリーブオイル」などが上げられます。また、アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類にもオレイン酸が多く含まれています。

 

オレイン酸の向き、不向き

ここでは、オレイン酸の摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

オレイン酸摂取が向いているタイプ

  1. 血中コレステロールが高い方
  2. 肥満気味の方(適正量なら)
  3. 胃酸過多で胃の調子が悪い方
  4. 便秘がちな方

オレイン酸摂取が向いていないタイプ

  1. 肉料理をたくさん食べている方
    また、オレイン酸は脂質ですので、過剰摂取は肥満につながります。適正量を心がけましょう。

 

オレイン酸とオリーブオイル

オリーブオイルというとイタリア料理には欠かせない素材です。イタリア(特に地中海地区)では、オリーブオイルを多用します。さらに、肉やバターをあまり摂取しない食文化でもあります。
調査によると、他ヨーロッパ地域に比較して心臓疾患による死亡率は地中海地区の方は大変低い事が分かっています。これもオリーブオイルに含まれるオレイン酸の効果。

また、オリーブオイルは肌や髪の美容にも効果があり、オリーブオイルを塗るという習慣は昔からあったようです。

 

オレイン酸のサプリメント・食品情報

ここでは、オレイン酸に関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

オレイン酸(楽天)
オレイン酸(アマゾン)

オレイン酸に関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
脂質・脂肪酸一覧

エネルギー源で細胞や血液の基となる栄養成分脂質・脂肪お産の種類や効果を解説。

不飽和脂肪酸
  |-オレイン酸
  |-αリノレン酸
  |-EPA(エイコサペンタエン酸)
  |-DHA(ドコサヘキサエン酸)
  |-リノール酸
  |-γリノレン酸
  |-アラキドン酸
飽和脂肪酸
  |-中鎖脂肪酸
コレステロール
スクワレン
CLA(共役リノール酸)

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください