EPA(エイコサペンタエン酸)

栄養管理
栄養管理.com脂質・脂肪酸不飽和脂肪酸>EPA(エイコサペンタエン酸)

EPA(エイコサペンタエン酸)とは

EPAは、不飽和脂肪酸の一種で体内での合成ができません。鯖やイワシといった青魚に多く含まれ、アルファリノレン酸も体内で、このEPAに変換されます。別名IPA(イコサペンタエン酸)

スポンサーリンク

EPA(エイコサペンタエン酸)の働き・効果

EPAは血液の凝固を抑える効果があり、血液中の中性脂肪を減らすはたらきをみせるため、血液をサラサラにしてくれます。また、血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用もあるため、動脈硬化、脳卒中、高血圧などの生活習慣病(メタボリックシンドローム)の予防や改善にも効果があります。
このほか、EPAはアトピー性皮膚炎や花粉症、慢性気管支炎といったアレルギー疾患に対しても効果があることが最近の研究で分かってきています。

さらに、EPAにはDHAと同様にがんの発生を少なくしたり抑制する効果があることも報告されています。EPAとDHAは良く並んで紹介されることが多い栄養素ですが、EPAはDHAと比較して血液の凝固を押さえる働きが強く、逆にDHAはEPAよりも悪玉コレステロールを下げる働きが強いとされています。

ただし、EPAとDHAはそれぞれお互いに補完関係にあり、生活習慣病(メタボリックシンドローム)などを予防するので両方をバランスよく摂取できると良いでしょう。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)を多く含む食品

EPAを多く含む食品としては「アンキモ」「いわし」「うなぎ」「はまち」「鯖」「イワシ」などの魚類に多く含まれています。効果的にEPAを摂取するのであれば青魚の摂取をおすすめします。また、EPAは主に魚の脂肪に含まれている為、焼き魚よりも煮魚や生食がおすすめです。
ただし、EPAは酸化しやすい性質をもっていますので、鮮度には注意をしてください。また、EPAが体内に入った後に酸化しないようにカロテンやビタミンC、ビタミンEを多く含む食品(緑黄色野菜)と同時に摂取すると効果が高くなります。近年はEPAを主眼においた健康食品やサプリメントなども多く販売されていますので、それらを活用するのも良いでしょう。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)の向き、不向き

ここでは、EPA(エイコサペンタエン酸)の摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

EPA(エイコサペンタエン酸)摂取が向いているタイプ

  1. 血中コレステロールが高めの方
  2. 花粉症などのアレルギー体質の方
  3. 肉料理などを多く食べる方
  4. 慢性関節痛をおもちの方
  5. 生活習慣病(メタボリックシンドローム)を予防・改善したい方
  6. がんを予防したい方

EPA(エイコサペンタエン酸)摂取が向いていないタイプ

  1. EPAが向いていない方はいません。

 

EPAの過剰摂取について

EPAを過剰に摂取すると、血液の凝固をおさえる働きが強くなりすぎてしまうため、出血したときに止血しにくくなるなどの注意点があります。

 

EPAのサプリメント・食品情報

ここでは、EPAに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

EPA(楽天)
EPA(アマゾン)

EPAに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
脂質・脂肪酸一覧

エネルギー源で細胞や血液の基となる栄養成分脂質・脂肪お産の種類や効果を解説。

不飽和脂肪酸
  |-オレイン酸
  |-αリノレン酸
  |-EPA(エイコサペンタエン酸)
  |-DHA(ドコサヘキサエン酸)
  |-リノール酸
  |-γリノレン酸
  |-アラキドン酸
飽和脂肪酸
  |-中鎖脂肪酸
コレステロール
スクワレン
CLA(共役リノール酸)

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください