DHA

栄養管理
栄養管理.com脂質・脂肪酸不飽和脂肪酸>DHA

DHA(ドコサエキサエン酸)とは

DHAは、不飽和脂肪酸の一種で体内で合成不能な必須脂肪酸の一つです。EPAと同様に魚の脂肪酸に多く含まれています。脳の働きを正常に保ち、生活習慣病の予防などに効果があります。

スポンサーリンク

DHAの働き・効果

DHAは、魚におおく含まれており、人間の脳の神経細胞や脳細胞などに多く存在して、その発達や機能の向上に大きな影響を与えています。
脳では、DHAが不足すると、情報の伝達がうまくいかなくなるため、脳や神経の発達が遅れてしまったり、学習能力や記憶能力の低下をまねく危険性があるとされています。

また、DHAには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすなどEPAと同様の働きをしており、生活習慣病の予防などに効果を発揮します。

DHAは乳幼児の脳の発達や視力向上などに大きな影響を与えてしまう可能性があります。日本の子供は欧米の子供と比較して知能指数(IQ)が高いという研究結果がありますが、これは日本にはDHAを多く含む魚を食べる習慣があるからだともされています。

 

DHAを多く含む食品

DHAを豊富に含有する食品の代表選手はまぐろの目です。これまでは漁師さんしか食べていなかったらしいのですが、近年のDHAブームにより市場などで簡単に購入できるようになりました。
また、魚を調理する際はEPAと同様になるべく油分を落とさないように煮込みや生食などで摂取すると良いでしょう。摂取量は一日あたり0.5-1gとされています。

サプリメントや健康食品でこのDHAを摂取する場合は適量を守るようにしましょう。

 

DHAの向き、不向き

ここでは、DHAの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

DHA摂取が向いているタイプ

  1. 血液をサラサラにしたい方
  2. 集中力や記憶力を高めたい方
  3. 認知症を予防したい方
  4. 加工食品をよく食べる方
  5. 乳幼児を含む子供
  6. がんを予防したい方

DHA摂取が向いていないタイプ

  1. DHAの摂取に向いていない方はいません。

 

DHAのサプリメント・食品情報

ここでは、DHAに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

DHA(楽天)
DHA(アマゾン)

DHAに関する人気商品(アマゾン)

 

スポンサーリンク
脂質・脂肪酸一覧

エネルギー源で細胞や血液の基となる栄養成分脂質・脂肪お産の種類や効果を解説。

不飽和脂肪酸
  |-オレイン酸
  |-αリノレン酸
  |-EPA(エイコサペンタエン酸)
  |-DHA(ドコサヘキサエン酸)
  |-リノール酸
  |-γリノレン酸
  |-アラキドン酸
飽和脂肪酸
  |-中鎖脂肪酸
コレステロール
スクワレン
CLA(共役リノール酸)

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください