コレステロール

栄養管理
栄養管理.com脂質・脂肪酸>コレステロール

コレステロールとは

コレステロールとは、脂質の一種で私たちの体の中で合成されます。脳、神経、肝臓などの体の広域の分布しており、細胞膜の形成やホルモンなどの原料になります。ただし、コレステロールが過剰となると、肥満、生活習慣病などの原因となります。

スポンサーリンク

コレステロールの働き・効果

コレステロールと聞くと「肥満」「生活習慣病」というマイナス面が気になりますが、私たちの生活において、必要不可欠な脂質の一つです。

コレステロールは肝臓と小腸で合成され血液により必要な場所にまで運ばれます。コレステロールは水に溶けない性質があるため、「リン脂質」と「たんぱく質」に包まれた水溶性の「リポたんぱく質(VDL)」に変わります。このとき、VLDはLDLコレステロール(悪玉コレステロール)というものに変化します(ややこしいですね)

そして、余ったコレステロールを回収して肝臓に戻す効果を持っているのが、HDLコレステロール(善玉コレステロール)です。

LDLコレステロールが細胞に入りきらないと、あまったコレステロールが血管の壁に入り込み酸化してしまいます。これが動脈硬化、心筋梗塞の原因となるのです。

このことが、LDLコレステロールを「悪玉コレステロール」、HDLコレステロールを「善玉コレステロール」と呼ぶ所以です。

参考(血液検査の項目)
>>LDLコレステロールと血液検査
>>HDLコレステロールと血液検査

 

コレステロールを多く含む食品

コレステロールを多く含む食品の代表選手が「卵」です。一日に何個も摂取しないように気をつけましょう。また、野菜や豆類と一緒に摂取するようにすると効果的です。
ちなみに、コレステロールの正常値は「120-220mg/dl」、HDLコレステロールが「40-110mg/dl」となっていればコレステロールの状態は正常値です。

 

コレステロールの向き、不向き

ここでは、コレステロールの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

コレステロール摂取が向いているタイプ

  1. 貧血症の方
  2. 肉や油を極端に摂取しない方
  3. めまいや痺れといった神経症状が気になる方

コレステロール摂取が向いていないタイプ

  1. 肥満を気にしている方
  2. 生活習慣病のリスクが高い方
  3. 動脈硬化を予防したい方

 

コレステロールのサプリメント・食品情報

ここでは、コレステロールに関連する食品やサプリメントなどを紹介していきます。

コレステロール(楽天)
コレステロール(アマゾン)

コレステロールに関する人気商品(アマゾン)

スポンサーリンク
脂質・脂肪酸一覧

エネルギー源で細胞や血液の基となる栄養成分脂質・脂肪お産の種類や効果を解説。

不飽和脂肪酸
  |-オレイン酸
  |-αリノレン酸
  |-EPA(エイコサペンタエン酸)
  |-DHA(ドコサヘキサエン酸)
  |-リノール酸
  |-γリノレン酸
  |-アラキドン酸
飽和脂肪酸
  |-中鎖脂肪酸
コレステロール
スクワレン
CLA(共役リノール酸)

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください