水溶性食物繊維

栄養管理
栄養管理.com食物繊維>水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維とは、食物繊維のうち、水に溶けるものを指し、ペクチン質、アルギニン酸、グアーガム、グルコマンナンなどが挙げられます。主に海藻などの含まれているヌルヌルした部分が主な成分です。食物繊維といっていますが、繊維質ではなくただ、消化されないという意味で食物繊維に分類されています。

スポンサーリンク

水溶性食物繊維の働き・効果

水溶性食物繊維は、特有の粘り気があるため、胃から小腸へと移動する時間がかかり、小腸では、そのヌルヌルが栄養素を包み込んで体内への吸収を緩やかにする効果がある。
特に、ブドウ糖の吸収を緩やかにする働きがあるため、食後における血糖値の急激な上昇を水溶性食物繊維が押さえ込む効果があり、その結果、糖尿病の予防に効果があります。

また、コレステロールの吸収を抑える働きもあることから生活習慣病の予防になります。その他、乳酸菌などの善玉菌を増やす効果も知られており、腸内環境の改善に効果的です。

 

水溶性食物繊維を多く含む食品

あんず、オートミール、蕎麦、納豆、わかめなどに多く含まれています。

 

水溶性食物繊維の種類

水溶性食物繊維の代表格としては以下の食物繊維があります。

ペクチン質
アルギン酸
グアーガム

 

水溶性食物繊維の向き、不向き

ここでは、水溶性食物繊維の摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

水溶性食物繊維摂取が向いているタイプ

  1. 糖尿病を予防したい方
  2. コレステロール値を抑えたい方
  3. 血圧が気になる方
  4. 肥満解消したい方
  5. 便秘気味の方

水溶性食物繊維摂取が向いていないタイプ

  1. お腹を壊しやすい方

 

水溶性食物繊維のオンライン通販情報

水溶性食物繊維の通販サイト情報や人気ランキング

水溶性食物繊維【Yahooショッピング】

 

 

食物繊維

生活習慣病(メタボリックシンドローム)を予防する効果もある栄養素食物繊維の種類と効果を解説。

不溶性食物繊維
  |-セルロース
  |-へミセルロース
  |-ペクチン
  |-リグニン
  |-イヌリン
  |-グルカン
  |-キチン/キトサン
水溶性食物繊維
  |-ペクチン質
  |-アルギニン酸
  |-グアーガム
  |-グルコマンナン
  |-フコイダン
  |-ポリデキストロース
  |-コンドロイチン硫酸

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください