コンドロイチン硫酸

栄養管理
栄養管理.com食物繊維水溶性食物繊維>コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸とは

コンドロイチン硫酸とは、食物繊維の仲間で、皮膚、血管壁、軟骨、間接、靭帯、眼球など体のいたるところに存在しており、様々な働きをしています。ムコ多糖類の一種。加齢により体内で不足するので、外部からの摂取が必要になります。

スポンサーリンク

コンドロイチン硫酸の働き・効果

コンドロイチン硫酸は、コラーゲンと同様に、間接や軟骨を構成しており、全身を動かすのに必要不可欠な存在です。さらに、骨の成長も促し、骨粗鬆症などの予防にも適しています。 コンドロイチン硫酸は細胞組織に保水性、弾力性をもたらす効果もあるので、みずみずしいお肌を維持する上でも重要な効果を発揮します。

また、血中コレステロールや過酸化脂質を除去する効果もありますし、目の角膜や水晶体にも作用する為、目の健康を維持したい方にも適しています。

 

コンドロイチン硫酸を多く含む食品

コンドロイチン硫酸は、動物期限の粘性のある多糖類の一つです。フカヒレ、ツバメの巣、納豆、やまいもなどのちょっと「ねばねば」した食品に多く含まれています。
また、コンドロイチン硫酸はサプリメントや健康食品としても販売されていますので、それらから摂取しても良いでしょう。

 

コンドロイチン硫酸の向き、不向き

ここでは、コンドロイチン硫酸の摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

コンドロイチン硫酸摂取が向いているタイプ

  1. 高血圧で動脈硬化が心配な方
  2. 間接痛が気になる方
  3. 腰痛・肩こりが心配な方
  4. 老眼・白髪など加齢による症状を緩和したい方
  5. 骨粗鬆症が気になる方
  6. 精子減少が気になる方

コンドロイチン硫酸摂取が向いていないタイプ

  1. コンドロイチン硫酸摂取が向いていない方はいません。

 

コンドロイチン硫酸のオンライン通販情報

コンドロイチン硫酸の通販サイト情報や人気ランキング

コンドロイチン硫酸【Yahooショッピング】

 

スポンサーリンク
食物繊維

生活習慣病(メタボリックシンドローム)を予防する効果もある栄養素食物繊維の種類と効果を解説。

不溶性食物繊維
  |-セルロース
  |-へミセルロース
  |-ペクチン
  |-リグニン
  |-イヌリン
  |-グルカン
  |-キチン/キトサン
水溶性食物繊維
  |-ペクチン質
  |-アルギニン酸
  |-グアーガム
  |-グルコマンナン
  |-フコイダン
  |-ポリデキストロース
  |-コンドロイチン硫酸

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください