生理不順

栄養管理
栄養管理.com逆引き栄養辞典>生理不順予防

生理不順とは

正常な場合、生理周期は規則正しい間隔で定期的に起こりますが、いくつかの要素の働きが異常をきたすと、生理の周期や間隔に乱れが生じます。これが生理不順と呼ばれるものです。

スポンサーリンク

生理不順予防の為に

生理不順は主に「精神的原因」と「身体的原因」の二つがあります。精神的原因はストレスや生活習慣、不適切なダイエットなどがその原因に、身体的原因は食生活の乱れや栄養の偏りから生じるホルモンバランスの異常が挙げられます。

生理不順予防と栄養管理

食事・栄養面から生理不順に対する予防策としては、 血液の循環をよくする鉄分、銅、亜鉛などが有効です。また、ビタミンEには月経周期の調整や子宮の収縮に関連するホルモンの代謝を調整する働きがあります。 このほか、 大豆イソフラボン、ビタミンB6、カルシウムにはホルモンバランスの改善に効果があります。

生理不順を予防するとされる栄養素には以下のものがあります。


代表的な食品としては、するめなどのほか「牡蠣」「そら豆」「カシューナッツ」「納豆」などに多く含まれています

亜鉛
亜鉛を多く含む食品の代表格は海のミルクとも言われる「牡蠣」です。そのほかの肉類や雑穀類、豆類などにも亜鉛は含まれています

ビタミンB6
かつお、まぐろ、さけ、サンマといった魚類のほか、サツマイモ、ばなななどの果物や野菜などにも含まれています。

ビタミンE
ビタミンEの摂取目安量は一日100-300mgとされています。ただし、現在日本人の平均摂取量は10mg程度ですので、かなりの開きがあります。そのため、この差を埋めるためにはサプリメントなどを活用するのが最も効率的です。

イソフラボン
イソフラボンは大豆に含まれている成分ですので、納豆や豆腐、きな粉などから摂取する事ができます。厚生労働省におけるイソフラボンの一日必要量は50g程度と言われています。

 

スポンサーリンク
栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください