高脂血症

栄養管理
栄養管理.com逆引き栄養辞典>高脂血症予防

高脂血症とは

高脂血症とは、血液中に含まれれる中性脂肪やコレステロールが過剰な状態をさしており、「高コレステロール血症」「高LDL(悪玉コレステロール)血症」「低HDL(善玉コレステロール)血症」「高トリグリセリド血症」といいう種類があり、WHO(世界保健機関)の基準に基づいて診断される。

高脂血症はメタボリックシンドロームの判定基準のひとつとされており様々な生活習慣病を引き起こすリスク要因となる為注意が必要。

スポンサーリンク

高脂血症の種類

高脂血症における四つの種類「高コレステロール血症」「高LDL(悪玉コレステロール)血症」「低HDL(善玉コレステロール)血症」「高トリグリセリド血症」について解説します。

高コレステロール血症

血中の総コレステロール値が220mg/dL以上の高脂血症。生活習慣における高脂血症のほとんどはこのタイプ。

高LDL(悪玉コレステロール)血症

コレステロールにおけるLDL(悪玉コレステロール)が血中に140mg/dL以上の高脂血症。高LDL(悪玉コレステロール)血症は他の高脂血症と比較しても重要度(疾患リスク)が高い。

低HDL(善玉コレステロール)血症

血中におけるLDL(善玉コレステロール)が40mg/dL未満の状態をさす。特に女性の心疾患の重要な要因の一つとされる。

高トリグリセリド血症

血液中に「トリグリセリド(中性脂肪)」と呼ばれる物質が150mg/dL以上の高脂血症。内臓脂肪型肥満の方に多い高脂血症のタイプ。

 

高脂血症予防の為に

高脂血症を予防・改善するにあたって、最も重要なのは生活習慣です。特に重要なのは食事で、食生活を気をつけることによって高脂血症のリスクはかなり改善する事が可能です。ただし、動脈硬化を併発している場合は薬物治療なども考えた方がよい場合がある。

 

高脂血症予防と栄養管理

コレステロールが高い方(高コレステロール血症)の場合はコレステロールの多い食品の過剰摂取を気にするようにします。また、食物繊維や不飽和脂肪酸を適度に摂取するようにします。また、中性脂肪が高い場合(高トリグリセリド血症)には、カロリーの摂取を制限し、糖分およびアルコール分を摂取しすぎないようにします。

高脂血症の予防にはEPAが有効とされており、EPAのはたらきにより血中の中性脂肪を減らし善玉コレステロール(HDL)を増やします。また、動脈硬化を併発しないためにもビタミンB6、ビタミンB12、葉酸などの摂取を行うようにしましょう。

高脂血症を予防するとされる栄養素には以下のものがあります。

食物繊維
不溶性食物繊維 水溶性食物繊維

αリノレン酸
菜種油や調合サラダ油、くるみ、などにふくまれています。生活習慣病の予防に適した栄養素ではありますが、αリノレン酸は酸化が早く、酸化してしまうと逆にガンなどの原因と言われる「酸化脂質」を増加させてしまいますので、開封したらすぐに使い切るようにしましょう。

EPA
EPAを多く含む食品としては「アンキモ」「いわし」「うなぎ」「はまち」「鯖」「イワシ」などの魚類に多く含まれています。

DHA
DHAを豊富に含有する食品の代表選手はまぐろの目です。これまでは漁師さんしか食べていなかったらしいのですが、近年のDHAブームにより市場などで簡単に購入できるようになりました。

ビタミンB6
かつお、まぐろ、さけ、サンマといった魚類のほか、サツマイモ、ばなななどの果物や野菜などにも含まれています。

ビタミンB12
レバーなどの肉類、牡蠣、サンマ、あさりなどの動物性食品にしか含まれていません。

葉酸
春菊、菜の花や枝豆、からし菜などの野菜類やアボガドやいちごなどの果実類が挙げられますが、最も多く葉酸が含まれている食品は、鶏、牛、豚のレバーです。

 

その他高脂血症改善に関する情報

高脂血症の改善作用があるサプリメント
高脂血症とは
高脂血症の原因と治療

 

スポンサーリンク
栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください