貧血

栄養管理
栄養管理.com逆引き栄養辞典>貧血予防

貧血とは

貧血とは、いわゆる「血が薄い」状態を指します。つまり、血液中の赤血球やヘモグロビンの量が正常値よりも少なくなっている状態を指します。ヘモグロビンは、体内の臓器などに酸素を送る役割を持っており、貧血状態では十分な酸素を体に送り込めなくなり、疲労や動悸、息切れなどの症状を引き起こします。

スポンサーリンク

貧血予防の為に

貧血は血液中のヘモグロビンおよび赤血球の不足が原因ですから、食事面からこれらの栄養素を生み出すサポートをする食品を摂取しましょう。

貧血予防と栄養管理

貧血に有効な栄養素としては「鉄分」「銅」があげられます。特に鉄分は「ヘム鉄」と呼ばれる鉄分を多く含有する肉や赤身魚を摂取する事が鉄分欠乏の予防になります。ひじきなども良いとされていますが、海藻類の鉄分は「非ヘム鉄」と呼ばれ吸収率が下がります。ヘム鉄は健康食品やサプリメントでも販売されていますので、貧血症の方はこれらを利用してもよいでしょう。

また、鉄分の吸収を促進する「ビタミンC」「ビタミンB6」「銅」「クエン酸」を摂取しましょう。他には、赤血球増加のためにビタミンB12と葉酸もおすすめです。

貧血を予防するとされる栄養素には以下のものがあります。

鉄分
鉄分には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」というものがあり、ヘム鉄は魚や豚のレバーなどに含まれており、非ヘム鉄は植物に多く含まれています。


代表的な食品としては、するめなどのほか「牡蠣」「そら豆」「カシューナッツ」「納豆」などに多く含まれています。

ビタミンC
野菜や果物などに多く含まれていますが、加熱に弱い性質をもっています。じゃがいもやさつまいもに含まれるビタミンCは加熱に強いので、さつまいものレモン煮などがおすすめ。

ビタミンB6
特に、かつお、まぐろ、さけ、サンマといった魚類のほか、サツマイモ、ばなななどの果物や野菜などにも含まれています。

ビタミンB12
レバーなどの肉類、牡蠣、サンマ、あさりなどの動物性食品にしか含まれていません。

葉酸
春菊、菜の花や枝豆、からし菜などの野菜類やアボガドやいちごなどの果実類が挙げられますが、最も多く葉酸が含まれている食品は、鶏、牛、豚のレバーです。

クエン酸
クエン酸は、夏みかんやレモン、りんご酢などに含まれています。

 

その他貧血改善に関する情報

貧血の改善作用があるサプリメント
 |-ヘム鉄
 |-プルーン
 |-クロロフィル

鉄欠乏性貧血(病気診断.net)
再生不良性貧血(病気診断.net)
溶血性貧血(病気診断.net)

 

スポンサーリンク
栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください