ポリフェノール

栄養管理
栄養管理.com抗酸化物質>ポリフェノール

ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、植物に多く含まれる色素や苦味の成分です。ほとんどが植物に存在し、その種類は300種類以上といわれています。OH基というものが、活性酸素を除去する抗酸化効果が強いとされています。赤ワインに多く含有します。

スポンサーリンク

ポリフェノールの働き・効果

ポリフェノール最大の特徴はビタミンCやビタミンEなどとは異なり、細胞間の水溶性部分、脂溶性部分、細胞膜でも抗酸化効果を発揮します。(通常ビタミンCは水溶性部分のみ、ビタミンEは脂溶性部分のみでしか抗酸化効果を発揮できない)

ポリフェノールは水に溶けやすい性質があるため、摂取後30分ほどで人体にて働き始めます。ですが、ポリフェノールは体内に蓄積されませんので、その抗酸化効果は30分ほとど消滅してしまいます。ですから、ポリフェノールを含有する食物やワインなどをこまめに摂取するようにすると栄養上バッチリです。

 

ポリフェノールの種類と特徴

ポリフェノールは、ほとんど全ての植物に存在している成分なので、多くの種類があります。淡色・無色の「フラボノイド類」とそれ以外の「ノンフラボノイド類」に大別されます。それぞれのポリフェノールごとに含まれている食材はもちろん、それぞれのポリフェノールの持つ抗酸化作用以外の栄養効果は異なります。代表的なポリフェノールとそれが含まれる代表食材、そしてそのポリフェノールにる効果を下記に示しておきます。

 
ポリフェノールの種類
おもな食材
特徴
非フラボノイド類 アントシアニン ブルーベリー/赤ワイン/紫芋/グレープフルーツ 視力向上・肝機能向上
カテキン 緑茶 殺菌・虫歯/口臭・コレステロールの減少/血圧上昇抑制
クルクミン ターメリック(うこん) 肝機能強化/胆汁の分泌促進
フェルラ酸 玄米 シミ予防
ショウガオール しょうが 殺菌作用/胃液の分泌促進
カカオマスポリフェノール ココア/チョコレート アレルギー抑制/疲労回復/ストレス解消
クロロゲン酸 コーヒー/プルーン 発がん性物質除去
フラボノイド類 ルチン(ビタミンP類) そば 血管強化・血圧効果・脳細胞活性化
イソフラボン 大豆/豆腐/豆乳 女性ホルモンのバランス調整/冷え性改善

 

ポリフェノールの向き、不向き

ここでは、ポリフェノールの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

ポリフェノール摂取が向いているタイプ

  1. がんを予防したい方
  2. 更年期障害の方
  3. 肥満が気になる方
  4. 生活習慣病(メタボリックシンドローム)を予防したい方
  5. 婦人科の不調を改善したい方
  6. ストレスがたまっている方

ポリフェノール摂取が向いていないタイプ

  1. ポリフェノール摂取に向いていないタイプの人はいません。

 

ポリフェノールのオンライン通販情報

ポリフェノールの通販サイトの情報や人気ランキング。ポリフェノールの関連商品を探す。

ポリフェノール関連の商品をYahooショッピングで探す
ポリフェノールの関連商品を楽天市場探す

 

スポンサーリンク
抗酸化物質一覧

活性酸素を消去する力がある栄養成分である抗酸化物質の種類や効果を解説。

ポリフェノール
 非フラボノイド類
  |-アントシアニン
  |-カテキン
  |-クルクミン
  |-フェルラ酸
  |-ショウガオール
  |-カカオマスポリフェノール
  |-クロロゲン酸
 フラボノイド類
  |-イソフラボン
  |-ルチン
カロテノイド
 カロテン類
  |-αカロテン
  |-リコピン
 キサントフィル類
  |-カプサイシン
  |-ルテイン
  |-フコキサンチン
セサミン
大豆サポニン
アリシン(硫化アリル)

 

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください