ルテイン

栄養管理
栄養管理.com抗酸化物質カロテノイド>ルテイン

ルテインとは

ルテインはカロテノイドの一種で、ほうれん草・キャベツ・とうもろこし・ブロッコリーなどに含まれる黄色色素成分のことを指します。

スポンサーリンク

ルテインの働き・効果

ルテインは、目の組織や肌、子宮内膜などに存在しているのですが、体内では合成する事ができない物質ですので、食物を通じて摂取する必要があります。
塁低ンには、活性酸素を除去する抗酸化作用が強く、細胞の老化を遅らせて、がん細胞の発生を抑制する効果があります。特に、網膜の中央部にある「黄斑」という部分に多く存在し、黄斑変性という恐ろしい病気を予防する効果もあります。

ルテインは、目に入ってくる紫外線による攻撃も防ぐ効果がありますので、目の健康全体にルテインは欠かす事の出来ない栄養素です。また、女性特有の病気でもある乳がんについてもルテインの摂取により90%もリスクを抑えることができるという研究結果もでています。

ルテインを多く含む食品

ルテインは主に緑黄色野菜に含まれています。積極的に野菜中心の食事に切り替えることでルテインを摂取することができます。

 

ルテインのオンライン通販情報

ルテインの通販サイト情報や人気ランキング。ルテインの関連商品を探す。

ルテインの関連商品をYahooショッピングで探す

 

スポンサーリンク
抗酸化物質一覧

活性酸素を消去する力がある栄養成分である抗酸化物質の種類や効果を解説。

ポリフェノール
 非フラボノイド類
  |-アントシアニン
  |-カテキン
  |-クルクミン
  |-フェルラ酸
  |-ショウガオール
  |-カカオマスポリフェノール
  |-クロロゲン酸
 フラボノイド類
  |-イソフラボン
  |-ルチン
カロテノイド
 カロテン類
  |-αカロテン
  |-リコピン
 キサントフィル類
  |-カプサイシン
  |-ルテイン
  |-フコキサンチン
セサミン
大豆サポニン
アリシン(硫化アリル)

 

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください