イソフラボン

栄養管理
栄養管理.com抗酸化物質ポリフェノール>イソフラボン

イソフラボンとは

イソフラボンとは、大豆の胚芽に多く含まれる成分の一つで、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをし、更年期障害などに効果を発揮します。

スポンサーリンク

イソフラボンの働き・効果

大豆の胚芽に含まれている成分であるイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをするため、「食物由来のエストロゲン」ともよばれています。ただし、イソフラボンは本物のエストロゲンと比較するとその効果は1000分の1といわれており、その効果は穏やかな作用であると言われています。

女性ホルモンであるエストロゲンは骨からカルシウムが溶け出すのを防止する働きがあります。特に女性の場合閉経後はエストロゲンの量が著しく減少することから骨粗鬆症のリスクが高まります。
そのため、エストロゲンと似た効果の高いイソフラボンを摂取する事でそれを回避できます。また、イライラ、のぼせ、肩こり、冷えといった更年期に見られる障害(更年期障害)の改善を図る事が出来ます。

 

イソフラボンを多く含む食品

イソフラボンは大豆に含まれている成分ですので、納豆や豆腐、きな粉などから摂取する事ができます。厚生労働省におけるイソフラボンの一日必要量は50g程度と言われています。ただし、この量は納豆60gに含まれている量ですのであまり意識しないでも摂取できます。

 

 

イソフラボンの向き、不向き

ここでは、イソフラボンの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

イソフラボン摂取が向いているタイプ

  1. 骨粗鬆症を予防したい方
  2. 無理なダイエットをしている方
  3. 生理不順の方
  4. 更年期障害の予防・改善をしたい方
  5. 女性特有のがんを予防したい方
  6. コレステロールが気になる方

イソフラボン摂取が向いていないタイプ

  1. イソフラボン摂取に向いていないタイプの人はいません。

 

イソフラボンのオンライン通販情報

イソフラボンの通販サイト情報や人気ランキング。イソフラボンの関連商品を探す。

イソフラボンの関連商品をYahooショッピングで探す

 

スポンサーリンク
抗酸化物質一覧

活性酸素を消去する力がある栄養成分である抗酸化物質の種類や効果を解説。

ポリフェノール
 非フラボノイド類
  |-アントシアニン
  |-カテキン
  |-クルクミン
  |-フェルラ酸
  |-ショウガオール
  |-カカオマスポリフェノール
  |-クロロゲン酸
 フラボノイド類
  |-イソフラボン
  |-ルチン
カロテノイド
 カロテン類
  |-αカロテン
  |-リコピン
 キサントフィル類
  |-カプサイシン
  |-ルテイン
  |-フコキサンチン
セサミン
大豆サポニン
アリシン(硫化アリル)

 

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください