クルクミン

栄養管理
栄養管理.com抗酸化物質ポリフェノール>クルクミン

クルクミンとは

クルクミンとはショウガ科の熱帯性植物であるターメリックに含まれている黄色の色素でポリフェノールの一種。沖縄では、ウコンと呼ばれています。胃腸障害に効く薬として有名です。

スポンサーリンク

クルクミンの働き・効果

ウコンは、古くから民間療法で薬として使われてきた抄訳です。特に肝臓機能を強化する働きがあるのですが、これは主成分であるクルクミンの解毒作用と胆汁を分泌させる効果があるとされています。

また、最近は発がんを抑制する効果があることが明らかになっています。また、クルクミンとその代謝物であるテトラヒドロクルクミンの抗酸化力が糖尿病の合併症予防に働くのではないかと言われています。

近年では、サプリメントやドリンクなどにクルクミンを多く配合するウコン飲料などが販売されています。

 

クルクミンを多く含む食品

クルクミンが多く含まれている、カレー粉などをカレーを作るときなどもプラスするとクルクミンの摂取を促進できます。ただし、サプリメントなどで摂取する場合は服用量を守るようにしてください。過剰摂取は悪影響を及ぼす可能性があります。

 

クルクミンの向き、不向き

ここでは、クルクミンの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

クルクミン摂取が向いているタイプ

  1. お酒をたくさん飲む人
  2. 肝臓が悪い人
  3. 二日酔いの人
  4. がんを予防したい人
  5. 糖尿病の心配がある人
  6. 美容に気をつけている人

クルクミン摂取が向いていないタイプ

  1. クルクミン摂取が向いていないタイプはいませんが、過剰摂取には注意が必要です。

 

クルクミンのオンライン通販情報

クルクミンの通販サイト情報や人気ランキング。クルクミンの関連商品を探す。

クルクミンの関連商品をYahooショッピングで探す

 

スポンサーリンク
抗酸化物質一覧

活性酸素を消去する力がある栄養成分である抗酸化物質の種類や効果を解説。

ポリフェノール
 非フラボノイド類
  |-アントシアニン
  |-カテキン
  |-クルクミン
  |-フェルラ酸
  |-ショウガオール
  |-カカオマスポリフェノール
  |-クロロゲン酸
 フラボノイド類
  |-イソフラボン
  |-ルチン
カロテノイド
 カロテン類
  |-αカロテン
  |-リコピン
 キサントフィル類
  |-カプサイシン
  |-ルテイン
  |-フコキサンチン
セサミン
大豆サポニン
アリシン(硫化アリル)

 

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください