カテキン

栄養管理
栄養管理.com抗酸化物質ポリフェノールフラボノイド類>カテキン

カテキンとは

カテキンはポリフェノールの一種で緑茶に多く含まれている成分で、いわゆる緑茶の渋み成分がカテキンにあたります。別名タンニンとも呼ばれています。

スポンサーリンク

カテキンの働き・効果

カテキンは脂質の酸化を抑える効果があり、この効果から食品の品質保持剤としても利用されています。このカテキンの強い抗酸化効果が体内において細胞膜の酸化を抑制し、がんなどの予防に役立つとされています。 がん細胞は通常自分の栄養を確保する為に新しい血管を作り出すのですが、カテキンはこの血管の生成を防ぐはたらきがあります。

このほかにも、カ的にには胆汁酸の排泄を促進させる効果があり、コレステロールや中性脂肪の上昇を抑えたり、消化酵素であるアミラーゼの働きを抑制し血糖値の上昇を防いだり、血圧を降下させるなどの効果が認められており、生活習慣病(メタボリックシンドローム)の予防にも効果があります。さらに、殺菌作用も強いため、食中毒やウイルス感染の予防、虫歯や口臭などにも効果があります。

なお、お茶でカテキンを多くとりたい場合はできるだけ熱湯でお茶を入れるようにすると多くのカテキンを摂取できますが、渋くて苦いお茶になります。また、2煎目はカテキンの抽出量が5割ほど減るので、できれば新しい茶葉を利用するようにしましょう。

一方で高級なお茶ほど香りを楽しむために低温で抽出するべきとされます。そうすると中々カテキンが抽出されない事になってしまいます。

健康目的でお茶を飲む時(カテキンをたくさんとりたいとき)は、安いお茶を使うようにすると良いでしょう。緑茶の健康とダイエットについては「緑茶の飲み方・栄養」が参考になります。

カテキンを多く含む食品

1位:玉露
2位:紅茶
3位:せん茶
4位:かまいり茶
5位:ウーロン茶

 

カテキンの向き、不向き

ここでは、カテキンの摂取が向いているタイプの人と向いていないタイプの人を紹介します。

カテキン摂取が向いているタイプ

  1. 生活習慣病(メタボリックシンドローム)を予防したい方
  2. 肥満が気になる方
  3. 風邪をひきやすい方
  4. 虫歯や口臭を予防したい方
  5. 下痢気味の方
  6. 便秘気味の方

カテキン摂取が向いていないタイプ

  1. カテキン摂取に向いていないタイプの人はいません。

 

コラム:カテキンのがん予防効果

ある大学の統計によるとお茶所として知られる静岡県では、他府県と比較してがんの死亡率が20%も低いという統計結果がでています。また、一日に10杯以上の緑茶を飲む人は、3杯未満の方と比較して発がん年齢が遅く、平均寿命も長いという研究結果が報告されました。

 

カテキンのオンライン通販情報

カテキンの通販サイトの情報や人気ランキング。カテキンの関連商品を探す。

カテキンの関連商品をYahooショッピングで探す

 

スポンサーリンク
抗酸化物質一覧

活性酸素を消去する力がある栄養成分である抗酸化物質の種類や効果を解説。

ポリフェノール
 非フラボノイド類
  |-アントシアニン
  |-カテキン
  |-クルクミン
  |-フェルラ酸
  |-ショウガオール
  |-カカオマスポリフェノール
  |-クロロゲン酸
 フラボノイド類
  |-イソフラボン
  |-ルチン
カロテノイド
 カロテン類
  |-αカロテン
  |-リコピン
 キサントフィル類
  |-カプサイシン
  |-ルテイン
  |-フコキサンチン
セサミン
大豆サポニン
アリシン(硫化アリル)

 

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2015 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください