抗酸化物質

栄養管理
栄養管理.com>抗酸化物質

抗酸化物質とは

抗酸化物質とは、その名の通り酸化を防ぐ事ができる栄養素です。活性酸素の働きにより私たちの体内のたんぱく質、脂質、DNAなどを酸化させてしまいます。つまり、活性酸素をほったらかしにしておくと体に対して様々な悪影響を及ぼします。この抗酸化物質は活性酸素を除去する働きがあります。

スポンサーリンク

抗酸化物質の働き・効果

植物は、日光を吸収して成長しています。それは光合成を行うためですが、その分紫外線の攻撃にもさらされています。そのため、植物たちには活性酸素から身を守る化学物質が多く含まれています。

この抗酸化物質は、植物を通じて私たちの体に取り入れても同じ働きをしてくれます。つまり、抗酸化物質の効果としては、活性酸素による細胞などへの攻撃を防いでくれる力があるといえます。

もちろん、私たちの体の中にはもとから活性酸素に対抗する抗酸化酵素持っているのですが、植物等から得られる抗酸化物質はそれらの酵素の働きを活性化する効果があるのです。

 

抗酸化物質が不足した際の体への影響

現代人は慢性的に野菜不足と言われています。特に、外食が多い人はかなりの野菜不足になっているはずです。抗酸化物質が不足した状態では、活性酸素の攻撃に対して人体は無防備になってしまいます。

そのため、細胞やDNAが損傷し、老化を早めてしまったり、がんや心臓病といった病気になるリスクが高まります。

 

抗酸化物質一覧

ポリフェノール
 非フラボノイド類
  |-アントシアニン
  |-カテキン
  |-クルクミン
  |-フェルラ酸
  |-ショウガオール
  |-カカオマスポリフェノール
  |-クロロゲン酸
 フラボノイド類
  |-イソフラボン
  |-ルチン
カロテノイド
 カロテン類
  |-αカロテン
  |-リコピン
 キサントフィル類
  |-カプサイシン
  |-ルテイン
  |-フコキサンチン
セサミン
大豆サポニン
アリシン(硫化アリル)

 

スポンサーリンク
抗酸化物質一覧

活性酸素を消去する力がある栄養成分である抗酸化物質の種類や効果を解説。

ポリフェノール
 非フラボノイド類
  |-アントシアニン
  |-カテキン
  |-クルクミン
  |-フェルラ酸
  |-ショウガオール
  |-カカオマスポリフェノール
  |-クロロゲン酸
 フラボノイド類
  |-イソフラボン
  |-ルチン
カロテノイド
 カロテン類
  |-αカロテン
  |-リコピン
 キサントフィル類
  |-カプサイシン
  |-ルテイン
  |-フコキサンチン
セサミン
大豆サポニン
アリシン(硫化アリル)

 

栄養素一覧
抗酸化物質
脂質・脂肪酸
糖質
ミネラル
タンパク質・アミノ酸
食物繊維
ビタミン

 

栄養管理の基礎知識

栄養管理の基礎知識では、栄養管理を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養表示基準
保健機能食品
  |-特定保健用食品(トクホ)
  |-栄養機能食品
メタボリックシンドロームとは
逆引き栄養辞典
  |-ガン
  |-動脈硬化
  |-糖尿病
  |-脳卒中
  |-心臓病
  |-腎臓病
  |-高脂血症
  |-高血圧
  |-低血圧
  |-貧血
  |-生理不順
  |-肥満
  |-風邪
栄養管理に関する職業
  |-管理栄養士(外部)

 

栄養管理ホーム  抗酸化物質  タンパク質/アミノ酸  脂質・脂肪酸  ミネラル  糖質  食物繊維  ビタミン リンク集
プライバシーポリシー

copyrights ©2006-2016 栄養管理ドットコム All rights reserved.

栄養管理ドットコムにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、栄養管理.com内のコンテンツ等の転載および複製は禁止します。
なお、栄養管理.comでは、栄養管理に関する個別相談等は一切お受けしておりませんので、ご了承ください